ビオチンと糖尿病

糖尿病にもビオチンは効果があるといいます。
糖尿病患者のビオチン濃度を調べてみると、基準値よりも低い数値が出るといいます。

インスリン非依存性糖尿病(U型糖尿病)の患者にビオチンと整腸剤の投与を続けた結果、全員の糖尿地が正常に下がってきたという話があります。

また、インスリン依存型糖尿病患者も、ビオチンの投与によって血糖値の正常化がみられるといいます。

ビオチンを飲むと、血液中のインスリンの濃度に変化がないのにもかかわらず、血液中のブドウ糖の濃度が減り、

ビオチンは糖の代謝に関係しているため、ビオチンの投与によって糖代謝が亢進して血糖値が低下したのではないかと考えられています。

参考文献:
http://www.vic-japan.gr.jp/vicJ/no.106/106.pdf
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。