ビオチン欠乏とは

健康な人なら、必要量のビオチンは腸の中でつくられるため、ビオチンが不足することはありません。
けれど、腸内細菌のバランスが悪くなってしまっている場合、
必要量のビオチンを補給することができなくなっていることがあります。

特に抗生物質を飲んだことで、腸内細菌のバランスが崩れてしまうことがあります。
腸には100種類以上の菌が100兆個以上棲んでいます。
どんな細菌がどのくらいの割合で棲んでいるのかは、一人一人違います。
大便の半分が、腸内細菌の死骸や腸内細菌だといいます。
腸の中では毎日たくさんの菌が増えたり、死んだりしているのです。

ストレスや食生活や加齢、また食中毒による病原菌の感染、抗生物質の服用などで
腸内細菌のバランスは崩れます。

抗生物質は、細菌や真菌による感染症を治療してくれます。
けれど同時に、腸内に棲んでいる菌の一部も殺してしまいます。
その結果、それまで均衡の取れていた腸内細菌の状態が変わってしまうといったことが起こります。
抗生物質を飲んだあとに、下痢になったなどの症状が出るのはこのためです。
(もちろん抗生物質を飲む→ビオチン欠乏症になるとすぐに結びつくものではありません)

腸内細菌は、免疫とも密接な関係があります。
腸内細菌の状態が理想的な状態から崩れると、免疫系に異常が出て病気を起こします。
また、アレルギーと腸内細菌の関係が近年注目を集めています。

話を戻しましょう。
ビオチンが欠乏すると、エネルギー代謝(食べたものをエネルギーに変えること)がうまくいかなくなったりなど、さまざまなところに障害が起こります。
・皮膚炎
・結膜炎
・脱漏性湿疹
・薄毛、脱毛
・疲労感
・知覚異常
など

また、
・糖尿病
・アトピー性皮膚炎
・掌蹠膿疱症(掌蹠膿疱症性骨関節炎)
の患者の血液中のビオチン濃度を測定してみると、基準値の半分以下になっているといいます。

これらの患者にビオチンを投与すると、症状の改善が見られるのだそうです。

これまで「ビオチンは腸でつくられるため、ビオチン欠乏は起こらない」と考えられていましたが、ビオチン欠乏によりさまざまな病気の症状が出ている人は潜在的にかなりいるのではないかという報告も増えています。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。