ビオチン欠乏とは

健康な人なら、必要量のビオチンは腸の中でつくられるため、ビオチンが不足することはありません。
けれど、腸内細菌のバランスが悪くなってしまっている場合、
必要量のビオチンを補給することができなくなっていることがあります。

特に抗生物質を飲んだことで、腸内細菌のバランスが崩れてしまうことがあります。
腸には100種類以上の菌が100兆個以上棲んでいます。
どんな細菌がどのくらいの割合で棲んでいるのかは、一人一人違います。
大便の半分が、腸内細菌の死骸や腸内細菌だといいます。
腸の中では毎日たくさんの菌が増えたり、死んだりしているのです。

ストレスや食生活や加齢、また食中毒による病原菌の感染、抗生物質の服用などで
腸内細菌のバランスは崩れます。

抗生物質は、細菌や真菌による感染症を治療してくれます。
けれど同時に、腸内に棲んでいる菌の一部も殺してしまいます。
その結果、それまで均衡の取れていた腸内細菌の状態が変わってしまうといったことが起こります。
抗生物質を飲んだあとに、下痢になったなどの症状が出るのはこのためです。
(もちろん抗生物質を飲む→ビオチン欠乏症になるとすぐに結びつくものではありません)

腸内細菌は、免疫とも密接な関係があります。
腸内細菌の状態が理想的な状態から崩れると、免疫系に異常が出て病気を起こします。
また、アレルギーと腸内細菌の関係が近年注目を集めています。

話を戻しましょう。
ビオチンが欠乏すると、エネルギー代謝(食べたものをエネルギーに変えること)がうまくいかなくなったりなど、さまざまなところに障害が起こります。
・皮膚炎
・結膜炎
・脱漏性湿疹
・薄毛、脱毛
・疲労感
・知覚異常
など

また、
・糖尿病
・アトピー性皮膚炎
・掌蹠膿疱症(掌蹠膿疱症性骨関節炎)
の患者の血液中のビオチン濃度を測定してみると、基準値の半分以下になっているといいます。

これらの患者にビオチンを投与すると、症状の改善が見られるのだそうです。

これまで「ビオチンは腸でつくられるため、ビオチン欠乏は起こらない」と考えられていましたが、ビオチン欠乏によりさまざまな病気の症状が出ている人は潜在的にかなりいるのではないかという報告も増えています。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトピーとビオチン

アトピー性皮膚炎の患者の血液中のビオチンを測ってみると、基準値よりも低い数値になることがあるようです。

ビオチンは、ブドウ糖、脂肪酸、アミノ酸の代謝に欠かせません。
ブドウ糖はコラーゲンの成分の一部です。アミノ酸も皮膚や骨にとても大切です。
ビオチン不足により、これらの代謝がうまくいかなくなると、皮膚や骨に影響が出てきます。

ビオチンを飲むことにより、これらの代謝障害が改善されるといいます。
アトピー性皮膚炎と診断され、5年以上経っても症状が軽くならない人にビオチンを投与したところ、顔の湿疹が消えたという事例もあります。


アトピーでは皮膚のバリア機能がうまく働いていないため、皮膚バリア機能の代わりを薄めたステロイド剤などで補いながらビオチンを飲んで体の内側からの回復を計ることが大切です。


アトピーを始めとするさまざまなアレルギー疾患には、腸の健康を保つこともとても大事です。
ビオチンだけを飲むのではなく、整腸剤も一緒に服用し、腸内の悪玉菌を抑える善玉菌を補うことも大切です。


| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトピーとヨーグルト

アトピーや花粉症、アレルギー性鼻炎の改善に、プロバイオティクスが注目を集めています。
プロバイオティクスとは、腸内細菌のバランスを健康に保つことです。

アレルギーの抑制と腸内細菌とは、深い関係があることが細菌わかってきました。

アトピー、花粉症、アレルギー性鼻炎などのアレルギーを改善する腸内細菌の有名なものは
・ラクトバチルス・アシドフィルス菌
・ラクトバチルス・ラムノーザス菌(LGG菌)
・ビフィドバクテリウム(BB536)
などがあります。

アシドフィルス菌はサプリメントで摂取することができます。
LGG菌とBB536は、ヨーグルトとして製品化されています。
LGG菌・・・おなかへGG!(タカナシヨーグルト)
BB536・・・ビヒダスヨーグルトBB536

ただし、アレルギーの改善にいいからといって大量に食べるのはやめたほうがよいでしょう。
適度に摂取することが大切です。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビオチンと糖尿病

糖尿病にもビオチンは効果があるといいます。
糖尿病患者のビオチン濃度を調べてみると、基準値よりも低い数値が出るといいます。

インスリン非依存性糖尿病(U型糖尿病)の患者にビオチンと整腸剤の投与を続けた結果、全員の糖尿地が正常に下がってきたという話があります。

また、インスリン依存型糖尿病患者も、ビオチンの投与によって血糖値の正常化がみられるといいます。

ビオチンを飲むと、血液中のインスリンの濃度に変化がないのにもかかわらず、血液中のブドウ糖の濃度が減り、

ビオチンは糖の代謝に関係しているため、ビオチンの投与によって糖代謝が亢進して血糖値が低下したのではないかと考えられています。

参考文献:
http://www.vic-japan.gr.jp/vicJ/no.106/106.pdf
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。